八名川公園~子どもたちが考えた公園【新大橋】

江東区の子どもたちが遊べる公園をレポートしています。

今日ご紹介するのは、芭蕉記念館近くの八名川公園

こちらの公園は2017年にリニューアルされました。隣接する八名川小学校の子どもたちのアイデアも盛り込まれていることもあり、子どもを連れていきたくなる公園です。また、防災井戸もあり、災害が起きたときの避難所としても役割を発揮する公園です。

▼遊具だけでなく、大きな広場もあるので体を思いっきり動かして遊ぶことができます。

▼六間堀があった場所を埋め立て公園になったようです。

深川村開拓当初、小名木川と堅川を結ぶ水路として開けたようです。名称は、川幅が六間(約10.8m)あったところから付けられたもので、地元にとって重要な河川でした。

公園遊具

▼大きなコンビネーション遊具が目につきます。

▼青虫のようなデザインになっていて面白いですね。

▼すべり台にたどり着くまでにいろんな登り方ができます。また、すべり台は、でこぼこになっていて初めてすべるお子さんでもスピードが出すぎない設計になっています。もちろん、すべるときに「ボコン、ボコン」となる感じはすべり台に慣れた子どもでも楽しい。

▼腕の力を使って登ることができます。

▼足を穴に入れてよじ登る感じは、ボルダリングにも似ていますね。

▼リニューアルされたばかりなので、砂もたくさん入っています。掘りがいがありますね。

▼定番のブランコ

健康遊具

▼ぶら下がり棒と、背中をのばすことができるベンチがありました。子どもだけでなく大人も集える公園ですね。

公園施設

▼車いすが入れるトイレもあります。

▼水飲み場

▼藤棚のあるベンチ。他にもベンチがたくさんあるので、子連れのご家族やご高齢の方には優しい公園です。

防災施設

▼防災井戸。分かりやすい表示はありがたいです。古い公園にもあるのかもしれませんが、気が付かないことが多いものです。

▼防災ベンチ。この中に、災害時に必要なものが入っています。

コミュニティガーデン

ボランティアの方による植物の手入れが行われています。しかも、ネームプレートがはっきりしているので公園にある植物について調べることもできます。

 

 

周辺情報

近くに芭蕉記念館があります。そして、通称「のらくろーど」(高橋商店街)があるので、ふらふら散歩をするには楽しい場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA